弁護士インタビュー – 赤木弁護士(アソシエイト)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

弁護士インタビュー – 赤木弁護士(アソシエイト) 弁護士インタビュー – 赤木弁護士(アソシエイト)

弁護士インタビュー – 赤木弁護士(アソシエイト)

Q.赤木先生は中村国際刑事法律事務所で,どのような役割を担っていますか?

 A.立場としてはアソシエイトです。刑事事件が主ですが,民事事件もやっています。配点された事件を頑張ってひたすらやっています。特に最近は公判弁護が増えてきました。

Q.仕事の内容を具体的に教えてください。

 A.刑事事件の案件数の割合は,捜査弁護が7割,公判弁護が3割です。ただ,公判弁護の方が業務量が多いので感覚的には半々だと感じています。

Q.仕事のやりがいを教えてください。

 A.そもそも論として刑事弁護というのはつらい仕事だとは思っているので,全然楽じゃないんですけれども,一番原動力になるのは,身柄が解放された時のうれしさです。あと,公判などでいい結果が出たというのは,やりがいを感じますね。やっぱり結果を出すためにやっていますし,結果が出せる弁護人が良い弁護人だと割り切って考えていますので,結果が出た時は素直にうれしいです。

Q.仕事をしていて一番うれしかったことを教えてください。

 A.クライアントの方から感謝の手紙を結構いただけるので,それはうれしいですね。後は刑事弁護はそもそも興味がある分野ですので,楽しくやれているのだと思います。

Q.どうして刑事弁護に興味をもたれたのですか?

 A.きっかけはロースクールのゼミでした。刑事弁護の実務のゼミでしてたまたま面白い事件がありました。その時,刑事弁護人の仕事は面白いなと。活動内容も足を使って面白いし,発想も自由だし。そして,結果が出ないわけではないというところもわかったので,そこは面白いなと思いました。弱い人のためになりたいな,実際捕まっている方を見ると助けたいな,この人の得になることをしてあげたいなという気持ちはあるんですけど,それが一番の動機というわけではないです。純粋に仕事内容が性に合いそうだったんです。あとやっぱり刑事弁護人というのはかっこいいんですよ。有名な人と話してみると刑事弁護が職人の世界だということがわかります。そういう弁護人の先生が持っているスキルが,自分の中に完全に身につく日が来たらいいなと思ってやっています。

Q.逆に,苦労したこととかありませんか?

 A.一番きついのはですね,起案の時間が取りづらいことですね。たとえば,接見と電話で一日つぶれてしまって,パソコンの前に座れるのが夕方になってからであるとか。ゆっくり考え込まなくてはいけない事件もあるので,起案の時間がとりづらいと追い込まれることもあります。ただ,もちろんこの仕事は接見にいかなきゃしょうがないのでなかなか苦しいなというところです。

Q.中村先生や他の弁護士,スタッフ,アルバイトの皆さんについて何かありますか?

 A.いつもいろいろすみません…。正直,自分でももうちょっと成長するかと思ったんですけど,まだまだやっぱりやっていないことが多いので,未熟なところがあるなと感じています。

Q.この職場を勧めるとしたら,どういうポイントがありますか?

 A.まず,弁護士の方であれば,それは仕事内容につきると思います。さっきも言ったように,全然楽な仕事ではないと思っていますし,そもそもこの世界は楽じゃないと思っています。それでも,刑事事件に興味があって,たくさん事案をやれるというところが,好きな人は合うと思いますし,そうじゃないのであればつらいだけになるんじゃないかなと思いますね。スタッフの方であれば,忙しく大変ながらもわいわいとやっていると思います。人数が揃わないと大変だと思いますので,そこはいい空気を作っていきたいなと思っています。弁護士は重苦しいことも考えなきゃいけないと思うんですけど,それをスタッフの方に伝染させてはいけないと思いますし,部活みたいに忙しいけれどもわいわいやれたらいいなと思っています。皆さん,アルバイトスタッフも含めると年齢層がお若い方が多いので活気には満ちていると思います。

Q.最後に何かお願いします。

 A.本当に人が欲しいので,一緒にやる弁護士も,助けていただけるスタッフさんももっといないと困ると思います。ぜひ入ってください。仕事内容が大変かどうかは,事務所を選ぶ上ではあくまで指標の一つなので,自分の中ではお勧めはしたいなと思いますね。刑事事件に興味がある人が来たらいいなと思います。


「採用情報」に関するインタビュー/感想文

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。