事務所紹介

NICD取扱い分野

企業犯罪・ホワイトカラー犯罪

贈収賄、カルテル犯罪、入札談合、相場操縦犯罪、インサイダー取引犯罪、脱税、総会屋利益供与犯罪などといった企業不祥事に関し,企業が捜査機関の摘発を受けた場合,どのように対応すべきでしょうか。その模範解答は存在しません。ケース・バイ・ケースによる臨機応変な対応が必要となるからです。しかし,通常の一般犯罪(殺人等)と決定的に違って,企業犯罪の場合,弁護士は捜査の早い段階から関与できます。つまり,殺人や窃盗などの一般事件にあっては,弁護士は常に逮捕後に登場しますが,企業犯罪にあっては役職員等の逮捕前に,弁護士は既に事案に関与できるのです。捜査機関による強制捜査を目前に控えた企業にとって,弁護士を介して,必要な情報収集を行い,的確な法的アドバイスを得ることは,何よりも重要なことで,ここで対応を間違えば,倒産に至ると言っても決して大袈裟なことではないのです。

NICDは,特捜部に在籍した経験を有する代表弁護士をはじめ,元警視庁警察官など,ホワイト・カラ―犯罪に強いスタッフを擁しており,岐路に立つ企業の心強い相談役となり,救世主となるよう常に心がけております。

取扱い分野トップへ戻る