事務所紹介

NICD取扱い分野

DV被害者による殺人・傷害

DVは隠され,そして隠します。それゆえに近所の人や親類ですらDVの存在に気付かないことが多いのです。DV関係に関する目撃証言は少なく,時には捜査機関はDV関係の存在そのものを疑い,単純な殺人事件として処理することがあります。逃げようとしても逃げられない強迫的な支配関係の下で,息を殺して,いつもびくびくしている生活をもう終わりにしたい,それがDV被害者による犯罪の動機に共通するものです。NICDは,DV犯罪の本質解明のために心理学的アプローチによる情状鑑定を含む,あらゆる弁護戦略を展開します。NICDは,過去に,DV殺人・死体遺棄事件の案件において,検察官の懲役9年の求刑に対し,懲役5年の温情判決を獲得した実績もあります。これは,NICDが表面的な弁護ではなく,DVの実態に迫った,説得力ある弁護の結果,もたらされたものであると考えております。

取扱い分野トップへ戻る

中村国際刑事法律事務所コンテンツメニュー
▶ 中村国際刑事法律事務所トップページへ戻る
▶ 刑事事件コンテンツトップページへ戻る
▶ ご相談事例トップページへ戻る