女性に対してわいせつな行為をしてしまいました。いまのところ警察からの接触等はありません。今後,刑 ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

女性に対してわいせつな行為をしてしまいました。いまのところ警察からの接触等はありません。今後,刑事事件になって逮捕されてしまうのでしょうか。

法律相談Q&A

女性に対してわいせつな行為をしてしまいました。いまのところ警察からの接触等はありません。今後,刑事事件になって逮捕されてしまうのでしょうか。

 その被害者の女性が被害届を出すかどうかはわかりません。また,警察に確認して被害届が出ているかどうかも確認できません(教えてくれません)。これは弁護士を雇っても同じことです。
 もし被害者が被害届を警察に出した場合,警察は捜査します。犯行現場に遺留品があるか,防犯カメラ等の客観的な証拠を収集し,犯人特定に結びつくものがないかどうか捜査します。
 そして,犯人であるあなたに結びつく証拠を得られるかもしれませんし,得られないかもしれません。
 犯人特定の証拠を獲得した場合,裁判官に逮捕状や捜索差押令状を請求し,その発付を得て,ある日,突然,あなたの家にやってきます。
 このように,あなたが捕まるかどうかは不確定要素が多く,弁護士でもなかなか判断できません。
 ですから,被害者の方に申し訳ないという気持ちがあるかどうかという本質的で道義的な観点からよく考え,最終的にはご自身で自首するかどうかを決断してください。
 自首すると決断した際には,弁護士がお力になります。


「性犯罪」に関する取扱い分野

盗撮事件で逮捕されたら

盗撮(迷惑防止条例違反)の弁護士費用は,ご利用しやすい価格で  ご利用しやすい,分かりやすい費用体系でご依頼者様を強力弁護します。  また,「クレ ...

「性犯罪」に関する法律相談Q&A

「性犯罪」に関する刑事弁護コラム

「性犯罪」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「性犯罪」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。