持病があるのですが薬の持ち込みはできるのでしょうか|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

持病があるのですが薬の持ち込みはできるのでしょうか

法律相談Q&A

持病があるのですが薬の持ち込みはできるのでしょうか

 刑務所に収監される際,刑務所の医師により検査が行われます。この時,持病の薬を持ち込みたい旨申告すると,医師がそれを必要と認めた場合には薬を持ち込み,また支給を受けることができます。ただ,医師が不要と判断した場合には,持ち込みや服用はできません。
 弁護士が上申(事実上のお願い)をして,薬の持ち込みの許可を申請することはできますが,弁護士が頼んだからといって常に許可されるわけではありません。結局のところ,刑務所の医師の判断に委ねられています。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,熊本県における司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務 ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

少年事件Q&A

Q.全件送致主義とはなんですか  通常の刑事事件では,捜査機関が被疑者を逮捕・勾留した後,犯罪の嫌疑がある場合には公訴提起という手続がなされ,犯罪の ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。