勾留請求却下が認容され,示談成立・府貴所処分を獲得|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 被疑者が電車内において被害者に自分の股間を押しつけるなどした痴漢事案。

弁護方針

 被疑者は現行犯逮捕されており,検察官が勾留請求をした。そのため,弁護人は裁判所に対して,意見書を提出し,勾留請求の却下を求める弁護活動を直ちに行った。

結果

 裁判所は,弁護人の意見を受け入れ,被疑者を釈放した。その後,弁護人が被害者と示談交渉を行ない,示談が成立したため,被疑者は不起訴処分を獲得することができた。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 柏本 英生

柏本 英生  弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習 ...

アソシエイト 佐々木 さくら

佐々木 さくら  弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

岩澤 祐未  弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第7 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。