否認事件について,膨大な証拠開示と反対尋問が功を成し,無罪を獲得|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 被告人が勤務していた調剤会社の薬局にて,ほぼ毎日,患者データが改ざんされ,現金被害が発生していたことから,会社が告訴。警察が消去法で職員の中から被告人を犯人と導き出し,逮捕した。被告人は当初より一貫して否認していた。

弁護方針

 毎日接見をし,被告人を励まして,否認を貫いた。また,公判前整理の上申をして,莫大な証拠を開示させた。さらに,被告人以外の従業員が示し合せて不正を隠している可能性が浮上したため,反対尋問の中で,全員に対してその証言を弾劾した。

結果

 反対尋問が功を奏し,無罪判決を獲得。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

国選付添人制度とは

国選付添人制度とは (1)国選付添人と私選付添人の違い  国選付添人も私選付添人も,その職務や権限に違いはありません。しかし,国選付添人は国が選任 ...

痴漢の判例

東京簡易裁判所平成12年1月7日 事案の概要  被告人が,走行中の電車内において,被害者の着衣の上から,手指でその臀部付近を触って揉んだという東京 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。