外国人被疑者の傷害事件において準抗告が容認され,示談成立と不起訴処分へ|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 外国人である被疑者が,駅構内において,肩がぶつかったこと等を発端として喧嘩に発展し,初対面であった被害者の顔面を殴打し,鼻骨を骨折させたという傷害事件。犯行経緯について被害者と被疑者で供述に隔たりが認められた。

弁護方針

 日本人妻もおり生活環境も安定していたにもかかわらず,外国人であることや些細な点で被害者供述と異なる供述をしていることを理由に勾留請求が為されたため,準抗告も視野に入れ,早期釈放を目指して,徹底抗戦に備えた。

結果

 犯行の経緯について被害者と供述が一致していなかったことから,一度は勾留が決定されたものの,弁護人による準抗告が認められ,勾留は取り消された。その後,犯行の経緯については一致しなかったものの,被害者との間で示談が成立し,不起訴処分を獲得。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

アソシエイト 柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

恐喝罪の条文

恐喝罪の条文(懲役・時効)について 刑法249条 1項 人を恐喝して財物を交付させた者は,10年以下の懲役に処する。 2項 前項の方法により,財 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。