捜査機関が少年院送致相当の意見が出される中,保護観察処分を獲得|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 公立中学校内における,生徒に対する暴行,教師に対する傷害で現行犯逮捕された少年のご両親からのご依頼。
 少年は,いわゆるADHD(発達障害)に罹患しており,傷害の非行歴1件,喫煙の補導歴1件を有していた。
 学校側は厳しい処分を望み,捜査機関も少年院送致相当の意見を出す中,依頼者からは,少年院送致を避けるために全力を尽くしてほしい,という要望であった。

弁護方針

 まずは,少年が通院している専門病院の医師に,発達障害に罹患していたことを証する診断書を入手し,今後も継続して治療していただける環境にあることも確認した。そして,少年と少年の両親の謝意を伝え,被害生徒の親との間で,示談を成立させた。
 また,調査官による調査を行い,少年は,個別クラスや少人数クラスにおいては,真面目に集中して勉強に励むことができ,生活態度にも問題がないことを確認した。
 鑑別所へも何度も足を運び,今回の事件の原因を分析させ,反省を深めさせ,今後の更生や将来の目標について考えるきっかけを与えた。
 本件で一番困難が予想された学校との調整については,面談を計3回実施し,学校長,被害に遭った教師,担任の教師などからヒアリングを行った。
 これらを基に,裁判官,調査官に対し,両親,学校,医師の協力によって,少年を更生させる環境が整っていることを強調し,少年院送致ではなく,保護観察処分が妥当であることを主張した。

結果

 結果として,保護観察との処遇意見を表明していただくことができ,審判においても,裁判官からの厳しい説諭の上,保護観察処分を獲得した。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

即決裁判制度とは

即決裁判制度とは  即決裁判手続とは,罰金または執行猶予が見込まれる軽微な事件(死刑または無期もしくは短期1年以上の懲役もしくは禁錮にあたらない事件 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。