本国の家族ともコミュニケーションをとりつつ丁寧な弁護活動を展開,不起訴処分を獲得|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 被疑者が,拳銃の実弾を所持していたとして,空港で逮捕された,銃刀法違反事件。被疑者は少数言語しか理解できず,英語でのコミュニケーションもほとんどできなかったにもかかわらず,警察官や検察官の取調べ,裁判官の勾留質問においても,英語の通訳しかつけずに手続きが進んでいた。

弁護方針

 本国にいる家族とも連絡を取りながら,早期に帰国できるように,勾留延長前の釈放を目指した。少数言語の通訳を探し,弁護人就任初期の段階で,事情聴取して調書を作成した。

結果

 勾留延長はなされず,勾留されてから10日で釈放され,不起訴処分を獲得。釈放時に弁護人が被疑者を警察署に迎えに行き,被疑者家族が待つ空港まで送り,そのまま被疑者は帰国した。


「外国人犯罪」に関する取扱い分野

「外国人犯罪」に関する刑事弁護コラム

「外国人犯罪」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「外国人犯罪」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。