被疑者の誓約書を作成し警察に提出したことで被害届が受理されず不立件に|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 大学教員として勤務していた被疑者が,ハロウィンパーティーの二次会として行われたカラオケに生徒である女子学生とともに参加し,当該女子学生をカラオケルームで姦淫したという事案。被疑者は同意があったとして,強制性交等(旧 強姦)の事実を否認していた。被害者が,大学に被害を申告したために事件が発覚。警察に被害届が提出する前段階で受任した。
 被疑者は日本で単身居住していた。

弁護方針

 生徒と不適切な関係を持ったということで大学からの処分は不可避であった。大学から,被害者が警察署に相談済であるという事実を確認できたため,弁選提出を口実に,所轄の担当警察官に接触した。担当警察官には,被告人の弁解を,弁護人を通じて伝えた。また,被告人名義の誓約書を作成し,逃亡及び罪証隠滅のおそれがないことについて,被疑者の誓約書を作成させ,所轄の警察署の署長あてに提出した。

結果

 結果,警察署が被害届を受理しなかったため,刑事事件として立件されることなく終結した。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

国選弁護人制度に関するQ&A

国選弁護人と私選弁護人の違いは何ですか?  国選弁護人も私選弁護人も,いずれも弁護人として,被疑者・被告人を擁護する存在であり,その職務や権限に違い ...

メディア掲載

メディア掲載  刑事事件のコメンテイターとして,フジテレビ「めざましテレビ」,テレビ朝日「ワイド!スクランブル」,読売テレビ「情報ライブ・ミヤネ ...

執行猶予判決とは

執行猶予とは  裁判で審理が終わり,判決日を迎えます。無罪か有罪かを争っている場合を除いて,この判決日における最大の関心事は執行猶予がつくかどうかで ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。