麻薬及び向精神薬取締法違反に加えて自動車運転過失傷害について,執行猶予判決を獲得|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 被告人がコカインを使用したという麻薬及び向精神薬取締法違反の事実に加えて,被告人が法定速度時速40キロの道路を時速80キロで走行し,ガードパイプに自車を衝突させ,同乗者に脳挫傷等の傷害を負わせたという自動車運転過失傷害の事実も追起訴された事案。
 検察官は,自動車事故の際も,コカインを使用していたことを疑っていた。

弁護方針

 被害者は3名いたものの,いずれも処罰感情が強く,示談には至らなかった。そこで,任意保険に加入していた事実を示し,保険会社名義の保険金を支払う旨が記載された回答書を弁号証として提出した。
 また,被告人質問において,自動車運転時にはコカインを利用していないことを,被告人の供述から明らかにした。

結果

 検察官は懲役3年6月を求刑したものの,裁判所は懲役3年執行猶予4年という寛大な判決を宣告した。
 また,被告人には保釈が許可されており,親族の葬儀の為,イスラエルへの一時帰国も許可された。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 柏本 英生

 弁護士柏本英生は,一橋大学法学部法律学科を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部を卒業後,千葉大学法科大学院を経て,司法修習を修了後に弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  痴漢 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。