麻薬及び向精神薬取締法違反事案において,早期に判決を受けることに成功し,執行猶予処分を獲得|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 英語教師助手として勤務していた被告人が,東京に遊びに来た際に,MDMAを使用し,職務質問の際に,尿の提出も求められたために,MDMAの使用が発覚したという,麻薬及び向精神薬取締法違反の事例。職務質問の一か月後に逮捕された。
 被疑者は日本で単身居住していた。居住していた宿舎に警察官が訪れたため,勤務先にも事件は直ちに露見した。

弁護方針

 MDMAの単純使用の罪であったため,被告人名義の即決手続についての同意書を作成し,弁護人名義の同意書と併せて検察官に提出した。もっとも,複数の友人と共にMDMAを使用しており,関係者が複数存在していたことから,通常の手続によって公判請求がなされた。
 保釈が困難であったため,係属部書記官に依頼して,公判期日を早期に設定してもらった。また,即日判決してもらえるように依頼した。

結果

 即日の判決は受け入れられなかったものの,第1回公判期日前に判決期日を指定してもらい,早期に判決の言い渡しを受けることができた。
 被告人は,執行猶予判決言渡し後,直ちに,母国に帰国した。
 なお,被告人の父親が日本語を話すことができず,警察署における面会を断られてしまったため,弁護人が一般面会に立会った。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

アソシエイト 赤木 竜太郎

 弁護士赤木竜太郎は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業しています。  学部時代は王雲海教授のゼミで比較刑事司法学を学び,法科大学院時 ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

恐喝罪の条文

恐喝罪の条文(懲役・時効)について 刑法249条 1項 人を恐喝して財物を交付させた者は,10年以下の懲役に処する。 2項 前項の方法により,財 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。