麻薬特例法違反被疑事件において,不起訴処分とな ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 被疑者が,中国から郵送された医療機器を日本国内で受領し,保管していたところ,同医療機器内に覚せい剤約1キロが隠匿されていたという麻薬特例法違反被疑事件。被疑者は一貫して故意を否認していた。
 被疑者は,韓国人の妻と共に,日本に長年居住しており,今後も日本に居住することを望んでいた。

弁護方針

 被疑者は一貫して否認しており,嫌疑不十分による不起訴を目的に弁護活動を行った。客観的に覚せい剤が隠匿されていたことは証拠上明らかであり,主観面が問題となっていたため,黙秘させることなく,積極的に医療機器を受け取った経緯について説明させた。また,弁護人からも,被疑者の供述調書,被疑者の妻の供述調書等を作成し,検察官に送付した。弁護人からも,被疑者に覚せい剤についての認識がなかったことについての最終意見書を検察官に送った。

結果

 その結果,嫌疑不十分によって不起訴処分を得ることができた。
 さらに,長期間会社を欠勤することになったため,弁護人から会社へ連絡をとり,不起訴処分の意味についても会社に説明した。よって,被疑者は会社からの懲戒処分も免れた。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 田代 和也

田代 和也  弁護士田代和也は,同志社大学法学部法律学科を卒業後,大阪大学法科大学院を経て司法試験に合格し,司 ...

アソシエイト 坂本 一誠

坂本 一誠  弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修 ...

アソシエイト 輿石 祐司

輿石 祐司  弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。