2人の被害者と示談交渉を進め,公判においても執行猶予を獲得|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

解決実績 解決実績

事件の概要

 被告人男性が女性の後をつけ,押し倒し下着をはぎとって逃げたという強制わいせつ・強盗事件(1件)と,被告人が女性の後を追って,自宅に入る直前にマスクをとって逃げたという窃盗事件(2件目)での裁判員裁判事件。

弁護方針

 被告人は被害者の身体が目的ではなく,あくまで下着が目的であったと主張。本件事件は被告人のフェチシズムに基づく悪質な性犯罪にすぎず,強行犯の事件ではないと反論した。また,2人の被害者と示談交渉を進め成立させた。公判においては,行為態様等を述べるだけでなく,被告人の更生のために,性依存症の専門家がサポートしていくことを示した。

結果

 公判が開かれる前に,2人の被害者との示談が成立した。検察官の求刑が6年であったことに対して,判決は懲役3年,執行猶予5年,保護観察5年となった。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際 ...

アソシエイト 藤田 昭平

 弁護士藤田昭平は,一橋大学法学部法律学科,一橋大学法科大学院を卒業後,司法試験に合格し,熊本県における司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務 ...

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

審理手続きと判決の種類

審理手続について  申立てによって控訴理由があると認められれば,控訴審での審理に入ります。控訴審での審理手続については,基本的に第1審と同様ですが( ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリアをカバーしています。