感謝の声

(依頼者の声) ~検察との交渉の中で誤解は解かれ,情況が好転して不起訴処分を獲得!~

私は破産をし、その手続きの中で破産担当弁護士との行き違いから、破産管財人に適切な報告義務を怠ったという理由で,破産法違反として全く予期せぬ形で告訴され,突然地検から呼び出し状が来ました。慌てふためき、インターネットで検索した弁護士の先生の中から中村先生を知り相談しました。
休日にメールを差し上げたのですが、直ぐに中村先生から直接お電話があり、適切なご指示を頂き、翌月曜日には担当検事とお話頂き、その後地検を訪問し事情をお話しスムーズに誤解を解く事が出来ました。

当時、何が何やら分からない感情的になっている私に、適切な状況説明とこれからのやるべき対応の丁寧なご説明とご指示を頂き、担当検事とも問題点や争点を明確にして頂き、その後での訪問でしたのであっという間に嫌疑を晴らす事が出来ました。
担当検事からは何度も足を運び頂きありがとうございましたと言われ、凄く救われた気持ちになりました。
きっと、中村先生が地検にご提示していただいた弁護委任状と事前の連絡がしっかりしていたのでその様なお話を担当検事がされたのだと私は心の中で思いました。
また、嫌疑が晴れた後も事後処理の確認までして頂き心の中の負担が霧の様に晴れていきました。
他の弁護士の先生ではこの様なきめ細やかかつ適切な対応を迅速にしていただく事は無かったと思います。
本当に中村先生有り難うございました。
これからは、この様な誤解を招く事の無いように気を引き締めて生きてまいりたいと思います。



感謝の声トップへ戻る