勝浦 貴大|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

勝浦 貴大 勝浦 貴大

ご挨拶

 大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした社会の変化に対応して,依頼者にとって最善の弁護活動を行うのが,私の理想の弁護士像です。
 依頼者の方に,「この人に頼んでよかった」と最終的に言っていただくために,日々研鑽を重ねていく所存でございます。

学歴・経歴

 兵庫県で生まれ,育ちました。市内の公立小中学校を卒業し,大阪府の私立高等学校に入学しました。小中学校時代は,硬式野球のクラブチームに入団し,日々練習に打ち込んで参りました。中学校3年生の頃には,地方大会を勝ち抜き関西支部の代表として全国大会にも出場しました。
 その後は,大阪府内の私立高等学校に進学しましたが,その高等学校は2年生の半ばで中途退学しました。その次の年の4月に,私は,通信制高校である八洲学園高等学校に入学し,翌3月に同校を卒業しました。
 大学受験を経て,兵庫県の関西学院大学法学部法律学科に入学しました。同校を卒業すると,その後,大阪市立大学大学院法学研究科(法科大学院)に入学しました。私は,同校の卒業生で組織する法曹会の組織にも所属しており,諸先輩方から今でも𠮟咤激励の言葉を頂戴しています。
 その後,司法試験に合格し,司法修習は現在の勤務地と同じ大阪で過ごしました。高等学校から司法試験合格まで,私は,接客業や塾の講師等,本当に様々なアルバイトを経験してきました。そのとき得た知識や経験,その先々で知り合った様々な交流が現在の弁護士活動に強みになっていると思います。

弁護士としてのポリシーや弁護士を目指した動機

 昨今の情報技術の発達は目まぐるしく,インターネットには様々な情報が溢れています。私自身,インターネットで調べものをすることもあります。
 しかし,そういった情報の中で,本当に自分に必要な情報を見つけることは難しいものと思います。実際に,私に相談に来られる人の中には,インターネットで調べて,ご自身で対応しようとしたけど返って状況が悪化してしまったのでどうにかしてほしいという方も多くいます。
 私は,事件解決のために,採り得る選択肢を広く提示することはもちろんですが,なにが依頼者の方にとって,一番いい選択なのかということを一緒になって考えるよう心掛けています。

主な案件実績

 身柄捜査事件,在宅捜査事件,公判事件など多くの刑事事件を担当してきました。

 うつ状態の母親が子供を殺めてしまったという殺人事件
 インターネットによって爆破予告をしたという威力業務妨害事件
 未承認薬を国内で広告したという薬機法違反被疑事件
 他,性犯罪や薬物犯など多数

主な業務分野

 刑事事件,少年事件,行政事件,一般民事事件,家事事件

弁護士としてのやりがい

 事件と聞くと,何となく後ろめたいもののように感じるかもしれません。
 しかし,事件を通して自分自身を見つめなおし,人生の再スタートを図るきっかけになったと前向きに捉えられる方もいます。私は,事件を通して,依頼者の方が納得を得られる結果を得て,感謝されるときが,一番のやりがいだと感じています。

所属委員会・団体等

 大阪府弁護士会
 日本マンション学会
 大阪府マンション管理士会

使用言語

 日本語

趣味

 草野球,ゴルフ,美術鑑賞 等々

Pocket

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。