示談解説シリーズ (1)被害者の心情に思いを致すということ

示談交渉は,犯罪被害者の気持ちを知ることから始まります。

事件が起き,犯罪被害が発生します。被害に遭った方は,被害それ自体の精神的・肉体的な甚大な苦痛に加え,また犯人がやって来るのではないかという恐怖感でいっぱいになります。警察に通報したならば復讐にやってくるのではないか,家族も狙われるのではないかなどという恐怖感です。警察に通報し,被害届を提出した後も,犯人逮捕までの間,被害者は長く屈辱的な日々を送ります。被害者にとっては,思いもよらない理不尽な事件に遭遇し,恐怖と憤りと不安の中,奈落の底に突き落とされたような思いで毎日を過ごすでしょう。

しかも,犯人逮捕までは,事件当事者のうち,もっぱら被害者のみが引き続き刑事手続,つまり,供述調書作成,現場検証立会い,再現実況見分などの捜査手続に協力させられ,精神的経済的な負担を強いられます。顔見知りの犯行の場合には,知り合った経緯から被害に至るまでの事情を相当長時間にわたって聴取され,その事情聴取も2度3度で終わらないことがあります。

一方,見ず知らずの者が加害者である場合には事情聴取自体はそれほど長時間にわたるものではないですが,犯人識別にはかなりの神経を使い,また,性犯罪等の被害にあっては,被害の再現見分の実施にも協力を求められるので,精神的に相当な負担がかかり,中にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)に罹患してしまう被害者もいます。
被害者は,このような生活を送る中で,犯人が未検挙となっていることで,再び自分のところへ立ち戻ってくるのではないか,警察に被害申告をしたことを聞きつけて報復にやってくるのではないかといった安全に関する不安に悩まされ,外出することすらままなりません。通勤通学経路を変えたり,両親等に送り迎えしてもらうケースもあり,中には,引っ越しをしたり,会社を辞めて実家に帰る被害者も現におります。その精神的・経済的負担は計りしれないものがあります。

このように,被害者は,犯罪被害に遭ったことで肉体的・精神的,さらには経済的な被害を直接被っただけでなく,その後も捜査等の過程でこうして精神的・経済的な苦痛を強いられており,そうした被害者の苦悩は,加害者もその弁護士も決して忘れてはならないことです。それなくして示談はできません。

弁護士は,依頼者である加害者の利益のために活動するのですが,それと同時に被害者の感情に配慮した交渉を進める必要があります。加害者やその弁護士の中には,手っ取り早く示談解決しようとして,お金にモノを言わせ,「●●円払いますから示談してください。」「明日勾留満期なので,この示談金をもって被害届を取り下げてください。」などと無神経に進めようとする方もおりますが,そのような,いわば自己中心的で無神経なアプローチは全く逆効果で,結局,依頼人の利益にもならないのです。

次回は,加害者が逮捕されてから弁護人を選任し,その弁護人がどのように活動していくかについてお話しします。

タグ
「示談」に関連する記事

示談解説シリーズ(3) 被害者との面会アレンジと感染対策

警察官や検察官から被害者の連絡先を教えてもらった場合,弁護人は即座に被害者に連絡すべきです。警察官や検察官から弁護人に対し,「被害者が弁護士に連絡先を教えても良いと言っています。連絡先の携帯電話の番号は次の通りです。」と連絡があったならば,その連絡の ...

READ MORE

示談解説シリーズ (2)被害者との示談交渉アレンジ

加害者が事件を起こした後,被害者と示談をしたいと思っても,被害者の連絡先等がわからなければ何もできません。警察官に被害者の連絡先を聞いても教えてはくれません。加害者による被害者に対する働きかけや口封じのおそれがあり,お礼参り,つまり,警察に通報したこ ...

READ MORE
代表弁護士・元特捜検事 中村 勉
中村 勉 代表弁護士・元特捜検事

長年検事として刑事事件の捜査公判に携わった経験を有する弁護士と,そのスキルと精神を叩き込まれた優秀な複数の若手弁護士らで構成された刑事事件のブティックファームです。刑事事件に特化し,所内に自前の模擬法廷を備え,情状証人対策等も充実した質の高い刑事弁護サービスを提供します。

詳細はこちら
よく読まれている記事
カテゴリー