保釈を取りたい|保釈を取る方法を弁護士が解説|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

保釈を取りたい|保釈を取る方法を弁護士が解説

刑事弁護コラム

なかなか保釈がとれずに困っているとき

 我が国の法律の下では,捜査段階には保釈は認められません。しかし,起訴後直ちに保釈が認められるとも限りません。まさに事案によります。逮捕され,起訴されてもう既に数週間,数か月経過しているのに,まだ保釈されずに勾留が続いている被告人もいることでしょう。保釈は,様々な環境の中でその請求のタイミングを図らなければなりません。早期の保釈こそが被告人の利益ではありますが,事案によっては示談交渉の経緯を見据えつつ,保釈請求を行わなければならない場合があり,あるいは,薬物中毒の状況によっては早期の保釈を控え,そのタイミングを図る必要のある事案もあります。また,就業環境や引受人確保などの点で十分に保釈の環境が整っていないにも関わらず保釈請求を安易に行っても却下となる可能性が高く,無駄な時間と費用を費やすことになってしまいます。

 保釈をとることは簡単ではありません。しかしNICDでは,かつて検察官として実際に保釈実務に携わった経験を有する代表弁護士が,事件の性質や証人予定者,公判見通しといった手続の全体の流れの中で,保釈の可能性や時期を分析的に判断し,さらに,保釈環境を十分整えて保釈請求に臨みます。現に,最適のタイミングと説得力ある主張によって,これまで数多くの保釈を獲得してきました。準抗告における逆転決定によって保釈を獲得した経験もあります。さらに,原則として外国人には保釈がまず認められないところ,NICDでは,外国人のクライアントのために保釈獲得に成功した例が多数あります。

 一日も早く拘置施設での不自由な生活から大切な家族を解放してあげること,家に連れ戻し,暖かいお風呂に入れてあげたい,そのように願うのは家族として当然のことです。NICDは,そのような願いをかなえるために,全力であなたをサポートします。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

最新判例 平成27年12月14日

最新判例 平成27年12月14日 事案  市民グループの代表者が,平成23年東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故で放出された放射性物質に汚染 ...

刑事判例紹介(50)

刑事判例紹介(50) 事案  被告人らは傷害致死の容疑で,共謀が事前にあった(甲事実)として起訴されたが,共謀の形態について,現場での共謀があった( ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel