刑事判例紹介(1)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(1)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(1)

事案

 被告人は,アルコール保有量検査のため風船への呼気吹き込みを求められたが,断って警察署の出入口の方に行きかけたため,巡査が「風船をやってからでいいではないか。」といって両手で被告人の左手首を掴んだ。巡査の制止行為につき,任意捜査の限界を超え,違法ではないかが問題となった事案。

判旨(最高裁昭和51年決定)

 強制手段とは,有形力の行使を伴う手段を意味するものではなく,個人の意思を制圧し,身体,住居,財産等に制約を加えて強制的に捜査目的を実現する行為など,特別の根拠規定がなければ許容することが相当でない手段を意味するものであって,右の程度に至らない有形力の行使は,任意捜査においても許容される場合があるといわなければならない。ただ,強制手段にあたらない有形力の行使であっても…必要性,緊急性なども考慮したうえ,具体的状況のもとで相当と認められる限度において許容されるものと解すべきである。

コメント

 巡査の行為が「強制の処分」(刑事訴訟法197条1項但書)にあたる場合には,刑事訴訟法に特別の定めがない限り違法となります。判例は「強制の処分」の定義を示したうえで,それ以外の有形力の行使すべてが許されるわけではなく,任意捜査にも限界があることを示しています。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail