刑事判例紹介(10)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(10)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(10)

事案

 暴力団との衝突事件が発生したことを契機に,将来犯罪が発生した場合の証拠保全のため,警察は,付近の歩道上の電柱に設置されたテレビカメラを用いて,ビデオ装置で録画を行った。この撮影行為につき,違法ではないかが問題となった事案。

判旨(東京高裁昭和63年判決)

 承諾なくしてみだりにその容貌等を写真撮影されない自由は,いわゆるプライバシーの権利の一コロラリーとして憲法13条の保障するところというべきであるけれども…当該現場において犯罪が発生する相当高度の蓋然性が認められる場合であり,あらかじめ証拠保全の手段,方法を取っておく必要性及び緊急性があり,かつ,その撮影,録画が社会通念に照らして相当と認められる方法でもって行われるときには,現に犯罪が行われる時点以前から犯罪の発生が予測される場所を継続的,自動的に撮影,録画することも許されると解すべきである。

コメント

 公道上における,将来発生する犯罪の証拠を収集するためのビデオ撮影は,「強制の処分」(刑事訴訟法197条1項但書)にはあたらないとされていますが,任意捜査の限界を超える場合には,違法となります。判例は,承諾なくしてみだりに容貌等を撮影されない自由というプライバシーの権利(憲法13条)に言及した上で,ビデオ撮影の適法性にも限界があることを示しています。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 中村 公輔

ご挨拶  弁護士の中村公輔と申します。刑事事件の手続きは,一般の方々には馴染みのないものであり,実際に逮捕されるなどして初めて手続きの流れを知ること ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

自首に家族も同伴できますか。

自首に家族も同伴できますか。  可能です。身元引受書等身柄拘束を避けるために必要な書類を書いていただいた上で,同伴していただくことになります。 ...

クレプトマニアとはなんですか。

クレプトマニアとはなんですか。  クレプトマニアとは,窃盗行為を衝動的に反復し実行してしまう症状のことをいい,精神医学上,国際疾患分類(ICD‐10 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

刑事事件での弁護士の役割と重要性

刑事事件での弁護士の役割と重要性  ご家族や恋人,友人など,あなたの大切な人が刑事事件に巻き込まれてしまったとき,あなたは,まず最初に,刑事弁護士を ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel