刑事判例紹介(12)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(12)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(12)

事案

 麻薬取締官が,被告人の知り合いAと相通じて,Aを介して被告人に大麻を準備させるといったおとり捜査を行った。おとり捜査とは気づかずに大麻を準備した被告人をあらかじめ準備していた令状に基づき逮捕した。被告人は,麻薬取締官が執拗に働きかけた本件のようなおとり捜査は違法である旨主張している。

判旨(最高裁平成16年決定)

 少なくとも,直接の被害者がいない薬物犯罪等の捜査において,通常の捜査方法のみでは当該犯罪の摘発が困難である場合に,機会があれば犯罪を行う意思があると疑われる者を対象におとり捜査を行うことは,刑訴法197条1項に基づく任意捜査として許容される…。
 本件についてみると,他の捜査方法によって証拠を収集し,被告人を検挙することが困難な状況にあり,一方,被告人は既に大麻樹脂の有償譲渡を企図して買い手を求めていたのであるから,麻薬取締官が,…大麻樹脂を持参するように仕向けたとしてもおとり捜査として適法というべきである。

コメント

 おとり捜査について,任意捜査であるとした上で,任意捜査として許容される範囲内である旨判示しており,従来からの判断同様,捜査の必要性に照らして,捜査の方法や態様によって害される利益の程度が許容されるか判断したものと言えます。特に本件は薬物事案で被害者等のいない密行性の高い事案であったため,おとり捜査を実施する必要性が高かった一方で,被告人がもともと犯意を抱いていた点を考慮したものといえるでしょう。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

法人アソシエイト 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

アソシエイト 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。アソシエイトの宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ, ...

パートナー(法人社員) 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel