刑事判例紹介(14)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(14)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(14)

事案

 比較的閑散な道路における交通取締りにおいて,原告は,警報機が鳴っているのに踏切に進入したとして道路交通法33条2項違反の罪を告知され,運転免許証の提示を求められた。原告がこれを拒否したところ,現行犯逮捕されたため,本件逮捕が違法であるとして国家賠償請求訴訟を提起した。

判旨(大阪高裁昭和60年判決)

 現行犯逮捕においても逮捕の必要性(逃亡または罪証隠滅のおそれ)が要件となるか否かについて検討するに,…現行犯逮捕も人の身体の自由を拘束する強制処分であるから,その要件はできる限り厳格に解すべきであって,通常逮捕の場合と同様,逮捕の必要性をその要件と解するのが相当である。…違反者が逃亡や罪証を隠滅するなどの行為を何らなしておらず,単に警察官の指摘した違反事実を否認し,免許証の提示を拒否したことのみをもって,住所,氏名を質すこともなく,他に人定事項の確認手段をとらないまま,直ちに現行犯として逮捕することは,逮捕の必要性の要件を満たしていないといわざるを得ない.。

コメント

 現行犯逮捕の要件として,逮捕の必要性(逃亡または罪証隠滅のおそれ)を要求する明文の規定はありませんが,本件は,逮捕の必要性が要件となることを明らかにしました。その上で,本件の現行犯逮捕を違法とし,国家賠償請求を認めており,現行犯逮捕の適法性にも限界があることを示しています。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

清算条項とは何ですか。

清算条項とは何ですか。  清算条項とは,示談において,示談成立後に追加的な金銭の請求その他主として民事的紛争の蒸し返しを防止するための条項であり,示 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail