刑事判例紹介(19)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(19)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(19)

事案

 賭博罪の嫌疑(事実①)にてA警察署に逮捕・勾留され,常習賭博等の罪で起訴された後に保釈された被告人について,A警察署による逮捕以前に行われた別個の常習賭博罪の嫌疑(事実②)が発覚したため,被告人は,事実②についてB警察署に逮捕され,勾留決定を受けた。これに対して,被告人の弁護人は勾留の取消しを求めた。

判旨(仙台地裁昭49年決定)

 (事実②についての)本件逮捕勾留は,同時処理の可能性のある常習一罪の一部についての逮捕勾留であるから,一罪一勾留の原則を適用すべきである。…本件は常習賭博中の一部の事件である関係上,…再逮捕再勾留の適否が問題となる。刑訴法199条3項,刑訴規則142条1項8号は,…不当な逮捕のむし返しを防ぐという司法抑制の実効性を確保するための措置であり…裁判官の判断を誤らせる虞れを生じさせるものであるから,右記載を欠く逮捕状請求にもとづく逮捕状は違法無効であり,逮捕の前置を欠くことになるのでその勾留も違法とすべきである。

コメント

 逮捕・勾留の基礎とされた事実と同一の事実については一個の逮捕・勾留しか許されず(一罪一逮捕・一勾留の原則),同一の事実についての再度の逮捕・勾留は厳格な要件の下でのみ認められるとされています。本決定は,実体法上一罪の観点及び同時処理の可能性の観点から同原則が及ぶとした上で,被告人が保釈後も任意の取調べに応じていることより再逮捕の必要性に乏しい点と,逮捕状請求の方式に重大な違法の存する点を理由に,再逮捕・再勾留はいずれも違法であるとして,事実②の勾留決定を取り消しており,捜査機関に対して十分かつ適正な捜査・手続を行うことを要求しています。/p>

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail