刑事判例紹介(25)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(25)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(25)

事案

 電磁的公正証書原本不実記録・同供用被疑事実に関して,「差し押さえるべき物」を「組織的犯行であることを明らかにするための磁気記録テープ,光磁気ディスク,フロッピーディスク,パソコン一式」等とした捜索差押許可状が発付され,これ基づきフロッピーディスク108枚が差し押さえられた。差し押さえる際,フロッピー内を確認することなく差し押さえられたため,被疑事実との関連性のない物件まで包括的に差し押さえた点につき違法な捜査活動であるとして争われた。

判旨(最高裁平成10年判決)

 令状により差し押さえようとするパソコン,フロッピーディスク等の中に被疑事実に関する情報が記録されている蓋然性が認められる場合において,そのような事情が実際に記録されているかをその場で確認していたのでは記録された情報を損壊される危険があるときは,内容を確認することなしに右パソコン,フロッピーディスク等を差し押さえることが許されるものと解される

コメント

 捜索差押えの場面において,対象物件は被疑事実と関連性のあるものでなければなりません。関連性のない物件まで差押えることができるとすれば,令状が一般令状化し,プライバシー侵害の危険を生じさせてしまうからです。
 もっとも,関連性の有無については必ずしも捜索差押えの現場で明らかになるとは言えません。本件のようなフロッピーディスクに記録された情報は,内容を確認する必要があり,多量にある場合はその場で一つ一つ確認できないからです。また,本件の場合はフロッピーディスクを開くと同時に記録された内容を瞬時に消去させるソフトが用いられているとの情報もあり,証拠が損壊される危険性もあったとされています。これらのことからすれば,現場の捜査官ではなく,科捜研などのような専門的知見を有する者によって内容を確認する必要性があったといえるでしょう。
 このように差押えの現場で内容を確認できないような場合は,被疑事実に関する情報が記録されている蓋然性が認められる限り,包括的な差押えも許容されます。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail