刑事判例紹介(25)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(25)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(25)

事案

 電磁的公正証書原本不実記録・同供用被疑事実に関して,「差し押さえるべき物」を「組織的犯行であることを明らかにするための磁気記録テープ,光磁気ディスク,フロッピーディスク,パソコン一式」等とした捜索差押許可状が発付され,これ基づきフロッピーディスク108枚が差し押さえられた。差し押さえる際,フロッピー内を確認することなく差し押さえられたため,被疑事実との関連性のない物件まで包括的に差し押さえた点につき違法な捜査活動であるとして争われた。

判旨(最高裁平成10年判決)

 令状により差し押さえようとするパソコン,フロッピーディスク等の中に被疑事実に関する情報が記録されている蓋然性が認められる場合において,そのような事情が実際に記録されているかをその場で確認していたのでは記録された情報を損壊される危険があるときは,内容を確認することなしに右パソコン,フロッピーディスク等を差し押さえることが許されるものと解される

コメント

 捜索差押えの場面において,対象物件は被疑事実と関連性のあるものでなければなりません。関連性のない物件まで差押えることができるとすれば,令状が一般令状化し,プライバシー侵害の危険を生じさせてしまうからです。
 もっとも,関連性の有無については必ずしも捜索差押えの現場で明らかになるとは言えません。本件のようなフロッピーディスクに記録された情報は,内容を確認する必要があり,多量にある場合はその場で一つ一つ確認できないからです。また,本件の場合はフロッピーディスクを開くと同時に記録された内容を瞬時に消去させるソフトが用いられているとの情報もあり,証拠が損壊される危険性もあったとされています。これらのことからすれば,現場の捜査官ではなく,科捜研などのような専門的知見を有する者によって内容を確認する必要性があったといえるでしょう。
 このように差押えの現場で内容を確認できないような場合は,被疑事実に関する情報が記録されている蓋然性が認められる限り,包括的な差押えも許容されます。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績