刑事判例紹介(3)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(3)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(3)

事案

 外見上は不審な挙動が見られない集会への参加者に対して,機動隊員らが阻止隊形を作り,職務質問及び所持品検査を行った。本件の検問を回避しようとした者に対して,機動隊員は腕をつかむなどの実力を行使したため,このような検問が違法であるかが争われた。

判旨(大阪高裁平成2年判決)

 警察官がその責務を遂行するに当たり,相手方の意思に反しない任意手段を用いるについては…警察の責務の範囲を定めた警察法2条1項の規定を根拠として,これを用いる場合があるとしても(最高裁昭和55年9月22日第三小法廷決定参照),本件…検査のように,相手方の意思に反して,国民の権利を制限し,これに義務を課す場合には,その権限を定めた法律の規定が必要であり,同法2条1項の規定によってこれを根拠づけることはできないと解せられる。そうだとすると,本件所持品検査の適法性の要件を,もっぱら警職法2条1項に基づいて判断し…警察法2条1項を根拠としてその要件をより緩和することを考慮しなかった原判決の判断は正当である。

コメント

 相手方の意思に反してなされる職務質問及び所持品検査について,本件は,警職法2条1項に基づいて判断するべきとしました。その上で,同法条に基づく厳格な要件を満たす場合に限り適法となると判示しており,職務質問及び所持品検査の適法性にも限界があることを示しています。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

弁護士 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

宥恕文言とは何ですか。

宥恕文言とは何ですか。  宥恕とは,犯罪等の行為を許すことを意味し,実際の示談書には,たとえば「甲は,乙を宥恕し(許し),乙の刑事処罰を求めない。」 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail