刑事判例紹介(3)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(3)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(3)

事案

 外見上は不審な挙動が見られない集会への参加者に対して,機動隊員らが阻止隊形を作り,職務質問及び所持品検査を行った。本件の検問を回避しようとした者に対して,機動隊員は腕をつかむなどの実力を行使したため,このような検問が違法であるかが争われた。

判旨(大阪高裁平成2年判決)

 警察官がその責務を遂行するに当たり,相手方の意思に反しない任意手段を用いるについては…警察の責務の範囲を定めた警察法2条1項の規定を根拠として,これを用いる場合があるとしても(最高裁昭和55年9月22日第三小法廷決定参照),本件…検査のように,相手方の意思に反して,国民の権利を制限し,これに義務を課す場合には,その権限を定めた法律の規定が必要であり,同法2条1項の規定によってこれを根拠づけることはできないと解せられる。そうだとすると,本件所持品検査の適法性の要件を,もっぱら警職法2条1項に基づいて判断し…警察法2条1項を根拠としてその要件をより緩和することを考慮しなかった原判決の判断は正当である。

コメント

 相手方の意思に反してなされる職務質問及び所持品検査について,本件は,警職法2条1項に基づいて判断するべきとしました。その上で,同法条に基づく厳格な要件を満たす場合に限り適法となると判示しており,職務質問及び所持品検査の適法性にも限界があることを示しています。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

法人アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て弁護士法人中村国際刑 ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

法人アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部,千葉大学法科大学院を卒業後,水戸での司法修習を経て弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  薬物事 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリア
名古屋事務所では東海エリア
をカバーしています。