刑事判例紹介(33)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(33)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(33)

事案

 覚せい剤密売の嫌疑の濃厚な被告人らの勤務地に対して配送予定である宅配便荷物について,警察官が,被告人らの承諾なく,エックス線検査装置を用いて検査を行った結果(本件検査),当該荷物中に細かい固形物が均等に詰められている長方形の袋の射影が観察された。その後,捜索差押許可状に基づき,当該荷物を捜索したところ,長方形の袋から覚せい剤結晶が発見された。このような本件エックス線検査が違法である等として被告人らが上告した。

判旨(最高裁平成21年決定)

 本件エックス線検査は,…捜査機関が,捜査目的を達成するため,荷送人や荷受人の承諾を得ることなく,これに外部からエックス線を照射して内容物の射影を観察したものであるが,その射影によって荷物の内容物の形状や材質をうかがい知ることができる上,内容物によってはその品目等を相当程度具体的に特定することも可能であって,荷送人や荷受人の内容物に対するプライバシー等を大きく侵害するものであるから,検証としての性質を有する強制処分に当たるものと解される。…検証許可状によることなくこれを行った本件エックス線検査は,違法であるといわざるを得ない。

コメント

 「検証」(刑事訴訟法218条1項)とは,捜査機関が,五官の作用を用いて検証物の内容・性質を把握するという強制処分(刑事訴訟法197条1項但書)であり,検証許可状なしに行うことは違法となります。本判決は,エックス線検査について,荷物の内容物の形状や材質をうかがい知ることができる上,品目等を相当程度具体的に特定することも可能である点で,荷受人らに対するプライバシー等の侵害の程度が重大であると評価し,検証にあたると判断した上で,本件検査は,警察官が,宅配便業者の営業所の長の承諾は得ているものの,荷送人や荷受人の承諾を得ず,かつ,令状も取得しないままに行われている点で,違法であるとしました。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

示談金の相場を教えてください。

示談金の相場を教えてください。  示談金を受け取るか否か,犯人を許すかどうかは被害者の自由です。そのため,これだけ支払えば必ず示談が成立するという意 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績