刑事判例紹介(38)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(38)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(38)

事案

 任意同行及びその後の任意の取調べを求められた被疑者の弁護人が,被疑者との面会の申出をしたが,捜査機関はこれを拒否したため,このような面会の拒否が違法であるとして争われた

判旨(福岡高裁平成5年判決)

 弁護人等から右被疑者に対する面会の申出があった場合には,弁護人等と面会時間の調整が整うなど特段の事情がない限り,取調べを中断して,その旨を被疑者に伝え,被疑者が面会を希望するときは,その実現のための措置を執るべきである。任意捜査の性格上,捜査機関が,社会通念上相当と認められる限度を超えて,被疑者に対する右伝達を遅らせ又は伝達後被疑者の行動の自由に制約を加えたときは,当該捜査機関の行為は,弁護人等の弁護活動を阻害するものとして違法と評され,国家賠償法1条1項の規定による損害賠償の対象となるものと解される。

コメント

 任意同行及びこれに引き続いてなされる任意取調べ中の弁護士との「面会」については,明文の規定がありません。本件は,このような面会についても,捜査機関は,原則として面会の実現のための措置を執るべきであると判示した上で,昼休みの時間帯に面会を申し出た弁護人の弁護活動に適切な配慮をしなかった捜査機関側の行為を,社会通念上相当と認められる限度を超えた国家賠償法上違法なものであると評価しており,身柄を拘束されていない段階の面会においても,被疑者が早期に弁護人から適切なアドバイスを得られる権利に対する不当な侵害の阻止を図っているといえます。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail