刑事判例紹介(39) – 起訴後勾留と余罪勾留との競合において余罪の接見指定の可否が争われた事案|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(39) – 起訴後勾留と余罪勾留との競合において余罪の接見指定の可否が争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(39) – 起訴後勾留と余罪勾留との競合において余罪の接見指定の可否が争われた事案

事案

 収賄事件について起訴後勾留されていた被告人が,余罪の収賄事件によって逮捕・勾留された。弁護人が,余罪事件についての接見を求めたところ,検察官は捜査の必要があることを根拠に,接見指定をした。このような検察官の接見の指定に憲法34条,37条3項違反の違法がある等として,弁護人が特別抗告を申し立てた。

判旨(最高裁昭和55年判決)

 同一人につき被告事件の勾留とその余罪である被疑事件の逮捕,勾留とが競合している場合,検察官等は,被告事件について防御権の不当な制限にわたらない限り,刑訴法39条3項の接見等の指定権を行使することができるものと解すべきであって,これと同旨の原判断は相当である。

コメント

 憲法34条前段は,被告人は,弁護人を選任する権利を保障されており,これを受けて刑訴法39条3項本文では,被告人と弁護人との接見が接見指定によっては制限されないことが規定されています。本決定は,「被告事件について防御権の不当な制限にわたらない限り」との刑訴法39条3項但書きと同様の条件を付し,余罪の捜査の必要性と,被告事件における被告人の防御権との調和を図る姿勢を明らかにした上で,本件で被告人が余罪事件につき逮捕・勾留されている事実を重視して,本件における接見指定権の行使には法令違反はないとしました。
 これに対し学説では,捜査段階においては被疑事実及び起訴の態様が極めて流動的であり,このような接見指定がなされると防御権に対する不利益が看過できないものとなることをとりわけ重視すべきであり,接見指定が許されるのは,余罪事件について被疑者の身柄を利用した捜査を行う等の緊急の必要性が高い特別の場合に限るべきであるとの見解が有力です。これを踏まえると,本決定の判断における「被告事件について防御権の不当な制限にわたらない限り」との条件は,特に慎重に判断すべきであるといえるでしょう。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績