刑事判例紹介(43)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(43)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(43)

事案

 暴力団員Xらが起こした傷害事件について,第一審がXを懲役6月の実刑に処したところ,Xが,起訴状における「被告人Xは暴力団松本会系安藤組の若頭補佐,被告人Y,同Zは同組の組員であるが」との記載が刑事訴訟法256条6項に違反するとして控訴した事案。

判旨(刑訴法43事件)

 「本件は被告人を含む共犯者3名が1通の起訴状で一括して公訴を提起せられた傷害被告事件であって……起訴状の中になされた所論のような記載は,被告人と共犯者の関係を明らかにすることによつて共謀の態様を明示し,公訴事実を特定するためのものであるとも解せられ,いまだ刑事訴訟法二五六条六項の規定に違反するものとはみられない。」

コメント

 裁判官の予断を排除し,裁判の公正を確保する趣旨から,刑事訴訟法256条6項は,「起訴状には,裁判官に事件につき予断を生ぜしめる虞のある書類その他の物を添附し,又はその内容を引用してはならない」と定めています。条文上禁じられているのは添附・引用ですが,上記趣旨からすれば,それらに当たらない単なる「記載」であったとしても,裁判官に予断を生ぜしめるようなものは許されないと解すべきであり,そのような理解が一般的です。
 その一方で,裁判所の審判対象を画定し,被告人に防御権の範囲を告知するため,どのような具体的事実に基づいて公訴が提起されているのか(訴因)を起訴状に明示する必要もあります。
 そこで,必ずしも相いれない予断排除と訴因明示の両要請をどのように調整するかが問題となります。
 本判決は,共犯者がいる事件であり,その者との共謀の事実,態様を明示する必要があるとして,被告人が暴力団関係者である旨の記載も許されるとしています。このことから,本判決は,上記問題につき,訴因明示のために必要がある場合,予断排除の要請は後退し,予断を生じさせうる記載も許されることを示したものであると評価することができます。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

先生の「今から頑張れば何でもできるよ!」の言葉が一番息子に『2度と犯罪行為はしない。自分の人生を大切に生きたい。』と思わせてくださいました。

先生の「今から頑張れば何でもできるよ!」の言葉が一番息子に『2度と犯罪行為はしない。自分の人生を大切に生きたい。』と思わせてくださいました。  今後 ...

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail