刑事判例紹介(47)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(47)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(47)

事案

 被告人は,枉法収賄の訴因(本位的訴因)で起訴され,その後,贈賄の訴因(予備的訴因)を予備的に追加請求された。被告人は,本位的訴因と予備的訴因との間には,被告人の共犯者がYらなのかWらなのか,また,Xは賄賂を受け取ったのか,賄賂を供与したのかなどの点において,事実に相違があり,予備的訴因にそって有罪判決をしたことは,違法であるとして争った。

判旨(最高裁昭和53年決定)

 「被告人Xは,公務員Yと共謀のうえ,Yの職務上の不正行為に対する謝礼の趣旨で,Wから賄賂を収受した」という枉法収賄の訴因と,「被告人Xは,Wと共謀のうえ,右と同じ趣旨で,公務員Yに対して賄賂を供与した」という賄賂の訴因とは,収受したとされる賄賂と供与したとされる賄賂との間に事実上の共通性がある場合には,両立しない関係にあり,かつ,一連の同一事象に対する法的評価を異にするに過ぎないものであって,基本的事実関係においては,同一であるということができる。

コメント

 刑訴法312条1項は,「公訴事実の同一性を害しない限度において」訴因の変更が許されると定めています。つまり,「公訴事実の同一性」が認められない場合には,訴因変更手続きではなく,別個に起訴することが必要となります。そして,「公訴事実の同一性」とは,両訴因間の基本的事実関係が同一であることをいいます。本件では,収受した賄賂と供与した賄賂が同一であることから,被告人が贈賄と収賄の両方の主体となることはあり得ず,贈賄と収賄の両訴因は両立しない関係であるといえます。本決定では,このような両訴因の非両立性あるいは択一的関係の有無を判断することにより,基本的事実関係の同一性があるとして,「公訴事実の同一性」を認めました。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「出し子」とはなんですか。

「出し子」とはなんですか。  被害者からだまし取ったキャッシュカードを使って,お金を引き出す役割のことです。特殊詐欺は,複数の役割から構成されていま ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績