刑事判例紹介(58)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(58)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(58)

事案

 業務上過失致死および道路交通法違反をもって起訴された事件につき,原審において認容された「公判前整理手続」後の訴因変更が,検察による権限濫用であるとして被告人側より控訴がなされたもの。

判旨

 破棄自判。業務上過失致死につき無罪,道路交通法違反(救護義務違反,報告義務違反)につき懲役8ヵ月と判決。なお,控訴理由である公判前整理手続後の訴因変更については,公判前整理手続の制度趣旨を,充実した公判の審理が継続的,計画的かつ迅速に行われることを企図するもの,としたうえで,係る趣旨を没却する訴因変更は制限されるべきであるが,本件訴因変更はこれにあたらない旨判示した。

コメント

 訴因変更請求は,公訴事実に反しない限り,基本的に検察官の裁量に委ねられています。他方,公判前整理手続は,検察および被告人の当事者双方が,公判においてどのような主張を行う予定であるかを予め明らかにしたうえで,関連証拠を整理・明示し,訴訟の進行を明確かつスムーズなものにする制度です。本件では,せっかくこの手続を終えたのにもかかわらず,また新たに検討事項を増やすような訴因変更を行うことが適正であったか否かが問題となりましたが,裁判所は,係る訴因変更について許容範囲内である(従前の公判前整理手続の実効性を失わせるものではない)と判示しました。係る許容範囲については現状必ずしも明らかではないことから,判例集積による明確化が期待されています。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

パートナー(法人社員) 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

アソシエイト 中村 公輔

ご挨拶  弁護士の中村公輔と申します。刑事事件の手続きは,一般の方々には馴染みのないものであり,実際に逮捕されるなどして初めて手続きの流れを知ること ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

盗撮ハンターとはなんですか。

盗撮ハンターとはなんですか。  盗撮ハンターとは,盗撮行為をしている人を狙い,真実でないのに「被害女性の夫(彼氏,知り合い)である」等の虚偽や「警察 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel