刑事判例紹介(58)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(58)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(58)

事案

 業務上過失致死および道路交通法違反をもって起訴された事件につき,原審において認容された「公判前整理手続」後の訴因変更が,検察による権限濫用であるとして被告人側より控訴がなされたもの。

判旨

 破棄自判。業務上過失致死につき無罪,道路交通法違反(救護義務違反,報告義務違反)につき懲役8ヵ月と判決。なお,控訴理由である公判前整理手続後の訴因変更については,公判前整理手続の制度趣旨を,充実した公判の審理が継続的,計画的かつ迅速に行われることを企図するもの,としたうえで,係る趣旨を没却する訴因変更は制限されるべきであるが,本件訴因変更はこれにあたらない旨判示した。

コメント

 訴因変更請求は,公訴事実に反しない限り,基本的に検察官の裁量に委ねられています。他方,公判前整理手続は,検察および被告人の当事者双方が,公判においてどのような主張を行う予定であるかを予め明らかにしたうえで,関連証拠を整理・明示し,訴訟の進行を明確かつスムーズなものにする制度です。本件では,せっかくこの手続を終えたのにもかかわらず,また新たに検討事項を増やすような訴因変更を行うことが適正であったか否かが問題となりましたが,裁判所は,係る訴因変更について許容範囲内である(従前の公判前整理手続の実効性を失わせるものではない)と判示しました。係る許容範囲については現状必ずしも明らかではないことから,判例集積による明確化が期待されています。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

弁護士を雇う必要がありますか

弁護士を雇う必要がありますか  民事事件では,特に少額訴訟などにおいて,本人訴訟なども珍しくなく,本人が訴訟の原告となり,あるいは,被告になり, ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail