刑事判例紹介(6)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(6)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(6)

事案

 警察から任意同行を求められた被疑者が,警察署に到着した午前8時ころから翌日午前零時ころまで断続的に取調べを受け,取調室内及び所用のための退出時には常に立会人等が被疑者を看視したという事案において,本件取調は手続に重大な違法があるとして勾留請求が却下されたのに対し,検察官から準抗告申立がなされた。

判旨(富山地裁昭和54年判決)

 (午前8時ころから午前零時ころまでの長時間かつ断続的な)事実上の看視付きの長時間の深夜にまで及ぶ取調は,仮に被疑者から帰宅ないし退室について明示の申出がなされなかったとしても,任意の取調であるとする他の特段の事情の認められない限り,任意の取調とは認められないものというべきである。従って,本件においては,少なくとも夕食時である午後7時以降の取調は実質的には逮捕状によらない違法な逮捕であったというほかはない。

コメント

 任意同行に引き続く任意取調べの適法性について,犯罪捜査規範168条3項は,やむを得ない理由がある場合のほか,深夜または長時間にわたる取調べは避けなければならない旨定めています。本決定は,取調べの時間について「長時間の深夜にまで及ぶ」点を重視して,本件の取調べは,実質的に逮捕状によらない逮捕であり,重大な違法があると判断しています。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail