刑事判例紹介(67)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(67)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(67)

DNA型鑑定に証拠能力が認められるか否かが争われた事例

 当時4歳の被害者が,栃木県足利市で行方不明となった翌日,遺体となって発見され,被害者が着用していた下着等が付近の川底から発見された。警察は,被告人が捨てた精液の付着したティッシュペーパーを領置し,下着に付着していた精液とのDNA型鑑定を行ったところ,MCT118DNA型が一致した。第一審及び控訴審は,MCT118DNA型の一致を重要な事実として犯人性を認定した。
 被告人は,この判決を不服として上告した。

判旨(最高裁平成12年判決)

 いわゆるMCT118DNA型鑑定は,その科学的原理が理論的正確性を有し,具体的な実施の方法も,その技術を習得した者により,科学的に信頼される方法で行われたと認められる。したがって,右鑑定の証拠価値については,その後の科学技術の発展により新たに解明された事項等も加味して慎重に検討されるべきであるが,なお,これを証拠として用いることが許されるとした原判断は相当である。

コメント

 DNA型鑑定は,DNA型が人によって異なり,かつ,修正不変であることを利用して行われる検査方法です。本件では,DNA型鑑定の一種であるMCT118法による鑑定結果の証拠能力が争いとなりました。そして,本決定では,科学的原理の理論的正確性があること,及び,その技術を習得した者によること,科学的に信頼される方法で行われたと認められる方法で行われたことを判断理由として,DNA型鑑定結果の証拠能力を肯定しました。
 なお,有罪判決確定後の再審請求において,DNA型の再鑑定が行われ,被害者の下着の付着精液と被告人の血液型等の各DNA型を検査した結果,両者の型は一致しないとされ,その後,無罪が言い渡されました。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail