刑事判例紹介(68) – 声紋鑑定の鑑定書に証拠能力が認められるのかが争われた事案|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(68) – 声紋鑑定の鑑定書に証拠能力が認められるのかが争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(68) – 声紋鑑定の鑑定書に証拠能力が認められるのかが争われた事案

事案

 被告人は,検事総長であると称して当時の内閣総理大臣に電話し,いわゆるロッキード事件の関連で,勾留中の前内閣総理大臣の処分について直接裁断を仰ぎたい旨申し向けるなどして検事総長の官職を詐称した疑いで起訴された。これに対し弁護側は,偽電話をかけたのは被告人ではないとして,事実誤認があると主張した。そこで,声紋鑑定書に証拠能力があるか否かが争われた。

判旨(東京高裁昭和55年判決)

 …声紋による識別方法は,その結果の確実性について未だ科学的に承認されたとまではいえないから,これに証拠能力を認めることは慎重でなければならないが,…各種機器の発達及び声紋識別技術の向上に伴い,検定件数も成績も上昇していることにかんがみれば,一概にその証拠能力を否定し去るのも相当でなく,その検査の実施者が必要な技術と経験を有する適格者であり,使用した器具の性能,作動も正確でその検査結果は信頼性あるものと認められるときは,その検査の経過及び結果についての忠実な報告にはその証明力の程度は別として,証拠能力を認めることを妨げない…。

コメント

 本件決定では,声紋鑑定が未だ科学的に承認されていないことから,証拠能力を認めることについて慎重でなければならないとしながらも,①検査の実施者が必要な技術と経験を有する適格者であること②器具の性能,作動が正確でその検定結果は信頼性のあるものと認められること③検査の経過および結果についての忠実な報告であることを条件に,証拠能力を認めました。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail