刑事判例紹介(69) – 筆跡鑑定に証拠能力が認められるかが争われた事案|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(69) – 筆跡鑑定に証拠能力が認められるかが争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(69) – 筆跡鑑定に証拠能力が認められるかが争われた事案

事案

 被告人は,脅迫容疑で起訴された。筆跡鑑定人が,被告人の筆跡と脅迫ハガキの筆跡を同筆と鑑定したのに対して,被告人側は伝統的筆跡鑑定による鑑定には証拠能力が認められないとして筆跡鑑定の証拠能力を争った。

判旨(最高裁昭和41年判決)

 いわゆる伝統的筆跡鑑定方法は,多分に鑑定人の経験と感(勘)に頼るところがあり,ことの性質上,その証明力には自ら限界があるとしても,そのことから直ちに,この鑑定方法が非科学的で,不合理であるということはできないのであって,筆跡鑑定におけるこれまでの経験の集積と,その経験によって裏付けられた判断は,鑑定人の単なる主観にすぎないもの,とはいえないことはもちろんである。したがって,事実審裁判所の自由心証によって,これを罪証に供すると否とは,その専権に属する事柄であるといわなければならない。

コメント

 筆跡鑑定は,点や線の形や組み合わせ,筆順,筆圧,筆勢,配字状況等の検査により,比較対照する筆跡の同一性を識別するものです。本判決では,伝統的筆跡鑑定方法が鑑定人の経験と勘に頼ることがあるとしながらも,方法の合理性・客観性があり,識別の正確性が経験的に高められていれば,証拠能力を肯定すると判断しました。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

法人社員アソシエイト 漆原 俊貴

 弁護士漆原俊貴は,北海道大学法学部を3年次飛び級のため中退後,北海道大学法科大学院を修了しました。その後,司法試験に合格し,第71期司法修習を経て, ...

法人社員アソシエイト 輿石 祐司

 弁護士輿石祐司は,青山学院大学法学部法律学科,東北大学法科大学院を卒業しました。その後,司法試験に合格し,第70期司法修習を経て弁護士法人中村国際刑 ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部,千葉大学法科大学院を卒業後,水戸での司法修習を経て弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  薬物事 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリア
名古屋事務所では東海エリア
をカバーしています。