刑事判例紹介(69) – 筆跡鑑定に証拠能力が認められるかが争われた事案|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(69) – 筆跡鑑定に証拠能力が認められるかが争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(69) – 筆跡鑑定に証拠能力が認められるかが争われた事案

事案

 被告人は,脅迫容疑で起訴された。筆跡鑑定人が,被告人の筆跡と脅迫ハガキの筆跡を同筆と鑑定したのに対して,被告人側は伝統的筆跡鑑定による鑑定には証拠能力が認められないとして筆跡鑑定の証拠能力を争った。

判旨(最高裁昭和41年判決)

 いわゆる伝統的筆跡鑑定方法は,多分に鑑定人の経験と感(勘)に頼るところがあり,ことの性質上,その証明力には自ら限界があるとしても,そのことから直ちに,この鑑定方法が非科学的で,不合理であるということはできないのであって,筆跡鑑定におけるこれまでの経験の集積と,その経験によって裏付けられた判断は,鑑定人の単なる主観にすぎないもの,とはいえないことはもちろんである。したがって,事実審裁判所の自由心証によって,これを罪証に供すると否とは,その専権に属する事柄であるといわなければならない。

コメント

 筆跡鑑定は,点や線の形や組み合わせ,筆順,筆圧,筆勢,配字状況等の検査により,比較対照する筆跡の同一性を識別するものです。本判決では,伝統的筆跡鑑定方法が鑑定人の経験と勘に頼ることがあるとしながらも,方法の合理性・客観性があり,識別の正確性が経験的に高められていれば,証拠能力を肯定すると判断しました。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

保釈中に海外旅行に行けますか。

保釈中に海外旅行に行けますか。  保釈される場合には,裁判への出頭確保等の必要から,裁判所から制限住居が指定されるとともに,海外旅行又は3日以上の旅 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail