刑事判例紹介(74)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(74)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(74)

事案

 被告人Aと共犯関係にあるBの弁護人Yは,事件担当検事からAが素直に自供すれば起訴猶予も十分考えられる旨の内意を打ち明けられた。そこで,YはAの弁護人であるXを伴ってAに検事の言葉を伝えたところ,AはYの言葉を信じて起訴猶予になると期待して自白したが,起訴された。

判旨(最高裁昭和41年判決)

 被疑者が,起訴不起訴の決定権をもつ検察官の,自白をすれば起訴猶予にする旨のことばを信じ,起訴猶予になることを期待してした自白は,任意性に疑いがあるものとして,証拠能力を欠くものと解するのが相当である。

コメント

 「任意にされたものでない疑いのある自白」(刑訴法319条1項)には,証拠能力が認められません(自白法則)。これは,約束や偽計などが供述者の心理に影響を与え,類型的に虚偽自白誘発のおそれがあるからです。本件の約束自白についてみると,約束の主体である検事には起訴猶予の権限があり,また,起訴猶予というのは被疑者にとって最重要の利益であるといえます。そのため,被疑者は起訴猶予という大きな利益を得るために自白しようという心理状態に陥っており,類型的にみて虚偽の自白が誘発されるおそれがあったといえます。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

法人アソシエイト 漆原 俊貴

 弁護士漆原俊貴は,北海道大学法学部を3年次飛び級のため中退後,北海道大学法科大学院を修了しました。その後,司法試験に合格し,第71期司法修習を経て, ...

オブカウンセル(法人社員) 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリア
名古屋事務所では東海エリア
をカバーしています。