刑事判例紹介(74)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(74)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(74)

事案

 被告人Aと共犯関係にあるBの弁護人Yは,事件担当検事からAが素直に自供すれば起訴猶予も十分考えられる旨の内意を打ち明けられた。そこで,YはAの弁護人であるXを伴ってAに検事の言葉を伝えたところ,AはYの言葉を信じて起訴猶予になると期待して自白したが,起訴された。

判旨(最高裁昭和41年判決)

 被疑者が,起訴不起訴の決定権をもつ検察官の,自白をすれば起訴猶予にする旨のことばを信じ,起訴猶予になることを期待してした自白は,任意性に疑いがあるものとして,証拠能力を欠くものと解するのが相当である。

コメント

 「任意にされたものでない疑いのある自白」(刑訴法319条1項)には,証拠能力が認められません(自白法則)。これは,約束や偽計などが供述者の心理に影響を与え,類型的に虚偽自白誘発のおそれがあるからです。本件の約束自白についてみると,約束の主体である検事には起訴猶予の権限があり,また,起訴猶予というのは被疑者にとって最重要の利益であるといえます。そのため,被疑者は起訴猶予という大きな利益を得るために自白しようという心理状態に陥っており,類型的にみて虚偽の自白が誘発されるおそれがあったといえます。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手の総合法律事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験 ...

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

盗撮ハンターとはなんですか。

盗撮ハンターとはなんですか。  盗撮ハンターとは,盗撮行為をしている人を狙い,真実でないのに「被害女性の夫(彼氏,知り合い)である」等の虚偽や「警察 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績