刑事判例紹介(75)|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(75)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(75)

事案

 被告人であるXは本件被疑事実を一貫して否認していたが,捜査官の一人がXに対し,「今の発達した科学では,人間の分泌物から,その細かく枝分かれした血液型を知ることができ,指紋と同様,同じ分泌物の人間は,1億人に1人しかいないが,本件のデッキシューズの分泌物がお前のと一致した」趣旨のことを述べた。これを聞いたXは,被疑事実を認める自白をしてしまった。

判旨(東京地裁昭和62年判決)

 被告人に対し前記のような強い心理的強制を与える性質の分泌物検出云々のあざとい虚言を述べて自白を引き出した点のみで既に許されざる偽計を用いたものとして,その影響下になされた被告人の自白調書等はすべて任意性を肯定できないと解すべきところ,加えるに,その余の記述の苛烈な取調べ方法をも併せ考えると,とうていその任意性などはこれを認めることはできない。

コメント

 刑訴法319条1項が自白の証拠能力を否定する根拠は,偽計等が相手方の心理に影響を与え,その影響にかんがみると類型的に虚偽の自白を誘発するおそれがあるためです。そのため,偽計が用いられたからといって常に自白の証拠能力が否定されるわけではありません。本件の警察官の偽計は,虚偽の自白をしてしまうほど強い心理的影響を与えるものであるため自白の任意性を肯定できないとして,自白の証拠能力は否定されました。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

パートナー弁護士 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

アソシエイト 佐々木 さくら

 弁護士佐々木さくらは,明治大学法学部,千葉大学法科大学院を卒業後,水戸での司法修習を経て弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しました。  薬物事 ...

アソシエイト 岩澤 祐未

 弁護士岩澤祐未は,東京大学法学部私法コース・東京大学法科大学院を卒業後,財務省に勤務した後,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリア
名古屋事務所では東海エリア
をカバーしています。