刑事判例紹介(8)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(8)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(8)

事案

 殺人事件の嫌疑がある被疑者に対して,午後11時ころに任意同行を求め,徹夜の取調べが行われるとともに,途中2,30分の休憩をはさんで,およそ22時間もの長時間にわたって取調べが行われたため,このような取調べが違法である等として上告された。

判旨(最高裁平成元年判決)

 刑訴法198条に基づく任意捜査の一環としての被疑者に対する取調べは,事案の性質,被疑者に対する容疑の程度,被疑者の態度等諸般の事情を勘案して,社会通念上相当と認められる方法ないし態様及び限度において,許容されるものと解すべきである。…長時間にわたる被疑者に対する取調べは,たとえ任意捜査としてなされるものであっても,被疑者の心身に多大の苦痛,疲労を与えるものであるから,特段の事情がない限り,容易にこれを是認できるものではない。…取調べが被告人の供述の任意性に疑いを生じさせるようなものであったときには,その取調べを違法とし,その間になされた自白の証拠能力を否定すべきである。

コメント

 違法な取調べがなされた場合,違法性の程度によっては,取調べによって得られた自白の任意性が失われる結果,その自白調書を証拠として使用できなくなります。判例は,本件の取調べを「刑事訴訟法198条に基づく任意捜査」に位置づけた上で,厳格な要件の下でのみ許容されるとしており,任意捜査としての取調べにも限界があることを示しています。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

宥恕文言とは何ですか。

宥恕文言とは何ですか。  宥恕とは,犯罪等の行為を許すことを意味し,実際の示談書には,たとえば「甲は,乙を宥恕し(許し),乙の刑事処罰を求めない。」 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail