刑事判例紹介(89) – 被告人が同意(刑訴法326条1項)していない証拠を弁護人が同意した場合に証拠 ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(89) – 被告人が同意(刑訴法326条1項)していない証拠を弁護人が同意した場合に証拠能力が認められるかが争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(89) – 被告人が同意(刑訴法326条1項)していない証拠を弁護人が同意した場合に証拠能力が認められるかが争われた事案

事案

 被告人は覚せい剤自己使用罪および覚せい剤所持罪の公訴事実で起訴された。被告人は「覚せい剤を使用した事実はない」,「覚せい剤を所持していたことは間違いないが,それが覚せい剤であるとの認識はなかった」旨陳述したが,弁護人は検察官請求証拠に全部同意した。

判旨(大阪高裁平成8年判決)

 被告人が公訴事実を否認している場合には,検察官請求証拠につき弁護人が関係証拠に同意しても,被告人の否認の陳述の趣旨を無意味に帰せしめるような内容の証拠については,弁護人の同意の意見のみにより被告人がこれら証拠に同意したことになるものではない。

コメント

 326条1項は主体として検察官と被告人のみを規定していますが,一般に弁護人も包括的代理権に基づいて同項の同意をすることができます。しかし,弁護人の同意はあくまでも包括代理権に基づくものであるため,被告人の明示又は黙示の意思に反して同意することはできません。本件では,被告人は覚せい剤所持の事実については具体的に争っているため,弁護人の同意は被告人の意思に反すると判断されました。他方,覚せい剤自己使用の事実については,具体的主張のない否認態様等にかんがみ,弁護人の同意は被告人の意思に反しないと判断しました。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

保釈を獲得するためには

保釈とは  保釈とは,起訴後に勾留されている被告人を,保釈保証金を提供することによって釈放することを言います。  保釈保証金それ自体は,裁判終了時 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail