刑事判例紹介(89) – 被告人が同意(刑訴法326条1項)していない証拠を弁護人が同意した場合に証拠 ...|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑事判例紹介(89) – 被告人が同意(刑訴法326条1項)していない証拠を弁護人が同意した場合に証拠能力が認められるかが争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(89) – 被告人が同意(刑訴法326条1項)していない証拠を弁護人が同意した場合に証拠能力が認められるかが争われた事案

事案

 被告人は覚せい剤自己使用罪および覚せい剤所持罪の公訴事実で起訴された。被告人は「覚せい剤を使用した事実はない」,「覚せい剤を所持していたことは間違いないが,それが覚せい剤であるとの認識はなかった」旨陳述したが,弁護人は検察官請求証拠に全部同意した。

判旨(大阪高裁平成8年判決)

 被告人が公訴事実を否認している場合には,検察官請求証拠につき弁護人が関係証拠に同意しても,被告人の否認の陳述の趣旨を無意味に帰せしめるような内容の証拠については,弁護人の同意の意見のみにより被告人がこれら証拠に同意したことになるものではない。

コメント

 326条1項は主体として検察官と被告人のみを規定していますが,一般に弁護人も包括的代理権に基づいて同項の同意をすることができます。しかし,弁護人の同意はあくまでも包括代理権に基づくものであるため,被告人の明示又は黙示の意思に反して同意することはできません。本件では,被告人は覚せい剤所持の事実については具体的に争っているため,弁護人の同意は被告人の意思に反すると判断されました。他方,覚せい剤自己使用の事実については,具体的主張のない否認態様等にかんがみ,弁護人の同意は被告人の意思に反しないと判断しました。


「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 漆原 俊貴

 弁護士漆原俊貴は,北海道大学法学部を3年次飛び級のため中退後,北海道大学法科大学院を修了しました。その後,司法試験に合格し,第71期司法修習を経て, ...

代表パートナー弁護士 中村 勉

 代表パートナー・弁護士である中村勉は,北海道函館市出身,中央大学法学部(渥美東洋教授の刑事訴訟法ゼミ)を卒業後,司法修習を終了し,検事に任官しました ...

アソシエイト 坂本 一誠

 弁護士坂本一誠は,早稲田大学法学部を卒業後,司法試験予備試験及び司法試験に合格し,第70期司法修習を経て,弁護士法人中村国際刑事法律事務所に入所しま ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に合格しました。帰国後は大手 ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリア
名古屋事務所では東海エリア
をカバーしています。