刑事判例紹介(89) – 被告人が同意(刑訴法326条1項)していない証拠を弁護人が同意した場合に証拠 ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(89) – 被告人が同意(刑訴法326条1項)していない証拠を弁護人が同意した場合に証拠能力が認められるかが争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(89) – 被告人が同意(刑訴法326条1項)していない証拠を弁護人が同意した場合に証拠能力が認められるかが争われた事案

事案

 被告人は覚せい剤自己使用罪および覚せい剤所持罪の公訴事実で起訴された。被告人は「覚せい剤を使用した事実はない」,「覚せい剤を所持していたことは間違いないが,それが覚せい剤であるとの認識はなかった」旨陳述したが,弁護人は検察官請求証拠に全部同意した。

判旨(大阪高裁平成8年判決)

 被告人が公訴事実を否認している場合には,検察官請求証拠につき弁護人が関係証拠に同意しても,被告人の否認の陳述の趣旨を無意味に帰せしめるような内容の証拠については,弁護人の同意の意見のみにより被告人がこれら証拠に同意したことになるものではない。

コメント

 326条1項は主体として検察官と被告人のみを規定していますが,一般に弁護人も包括的代理権に基づいて同項の同意をすることができます。しかし,弁護人の同意はあくまでも包括代理権に基づくものであるため,被告人の明示又は黙示の意思に反して同意することはできません。本件では,被告人は覚せい剤所持の事実については具体的に争っているため,弁護人の同意は被告人の意思に反すると判断されました。他方,覚せい剤自己使用の事実については,具体的主張のない否認態様等にかんがみ,弁護人の同意は被告人の意思に反しないと判断しました。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 中村 公輔

ご挨拶  弁護士の中村公輔と申します。刑事事件の手続きは,一般の方々には馴染みのないものであり,実際に逮捕されるなどして初めて手続きの流れを知ること ...

弁護士 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail