刑事判例紹介(9)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(9)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(9)

事案

 犯行現場の防犯カメラに映っていた犯人と被告人が同一人物であるかどうかを確認するために,公道を歩いている被告人をビデオカメラで撮影した他,パチンコ店にいる被告人を小型カメラで撮影した。被告人は当該撮影方法について,十分な嫌疑もないなかで行われたものであり不当にプライバシーを侵害するものであるとして上告した。

判旨(最高裁平成20年判決)

 「被告人が犯人である疑いを持つ合理的理由が存在していたものと認められ,…犯人の特定のための重要な判断に必要な証拠資料を入手するため,これに必要な限度において,…被告人の容ぼう等を撮影したものであり,いずれも,通常,人が他人から容ぼう等を観察されること自体は受忍せざるを得ない場所におけるものである。以上からすれば,これらのビデオ撮影は,捜査目的を達成するため,必要な範囲において,かつ,相当な方法によって行われたものといえ,捜査活動として適法なものというべきである。」

コメント

 「みだりに撮影されない自由」を侵害するような撮影については,令状がなくても許容されており,任意捜査として認められるものと解されています。そして,任意捜査として,捜査の必要性が認められ,その範囲において相当性が認められる限度において,適法性が認められます。本件は,現行犯を撮影している場合とは異なりますが,犯人と被告人が同一人物であるか否かを確認するために,本件のような撮影態様について相当性が認められると判断されました。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 中村 公輔

ご挨拶  弁護士の中村公輔と申します。刑事事件の手続きは,一般の方々には馴染みのないものであり,実際に逮捕されるなどして初めて手続きの流れを知ること ...

弁護士 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

弁護士 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

刑事判例紹介(44)

刑事判例紹介(44) 事案  被告人らが,塩化メチル水銀を含有する排水を水俣川河口海域に排出した過失により,同海域の魚介類を汚染させ,よって,同海域 ...

刑事判例紹介(24)

刑事判例紹介(24) 事案  暴力団による恐喝事件を被疑事件として捜索差押許可状の発付が要求された。捜索差押許可状には差し押さえるべき物を「本件に関 ...

最新判例 平成27年10月27日

最新判例 平成27年10月27日 事案  申立人はインターネット上の動画サイトを運営する者である。そのサイトのユーザーであるAが,女性との性交場面を ...

刑事判例紹介(31)

刑事判例紹介(31) 事案 覚せい剤自己使用罪の嫌疑がある被告人に対し,繰り返し尿の提出を求めたが,被告人は頑強に拒否し続けたため,警察官は,身体検 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel