刑事判例紹介(92) – 写真自体を独立証拠として用いる現場写真の証拠能力に伝聞法則の適用がある ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(92) – 写真自体を独立証拠として用いる現場写真の証拠能力に伝聞法則の適用があるかが争われた事案

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(92) – 写真自体を独立証拠として用いる現場写真の証拠能力に伝聞法則の適用があるかが争われた事案

事案

 検察側から差押え・任意提出等により取得した撮影済み未現像フィルムを現像,焼付けした写真と,報道・出版関係者から任意提出された写真が取調請求されたが,証人尋問に際して警察官が公務員の職務上の秘密を理由に撮影者等についての証言を拒否し撮影者等が明らかにされなかったため現場写真の証拠能力が争われた。

判旨(最高裁昭和59年判決)

 犯行の状況等を撮影したいわゆる現場写真は,非供述証拠に属し,当該写真自体又はその他の証拠により事件との関連性を認めうる限り証拠能力を具備するものであって,これを証拠として採用するためには,必ずしも撮影者らに現場写真の作成過程ないし事件との関連性を証言させることを要するものではない。

コメント

 写真は機械的方法で一定の事実の痕跡がフィルム及び印画紙に残されたものであり,誤りが介在するおそれのある知覚・記憶・表現・叙述の各過程を経て提出されるものではないため,伝聞法則の適用はありません。したがって,その性質は非供述証拠であって,関連性がある限り証拠能力が認められます。本件においても現場写真には伝聞法則の適用はなく証拠能力は認められるとされました。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

法人アソシエイト 中村 公輔

ご挨拶  弁護士の中村公輔と申します。刑事事件の手続きは,一般の方々には馴染みのないものであり,実際に逮捕されるなどして初めて手続きの流れを知ること ...

法人シニアアソシエイト 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

アソシエイト 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

刑事判例紹介(57)

刑事判例紹介(57) 事案  警察官が保管していた取調べメモについて,弁護人が刑事訴訟法316条の20に基づき開示請求をしたところ,本件メモが,警察 ...

危険ドラッグの一問一答

Q. 脱法ハーブとはなんですか?  脱法ハーブは,平成23年上半期から濫用され,平成24年5月から6月には一大社会問題として浮上しました(和田清ほか ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel