刑事判例紹介(94)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(94)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(94)

事案

 覚せい剤中毒の疑いがある被告人に対して職務質問を行い,ポケットに手を入れてプラスチック・ケース入りの注射針1本とちり紙の包みを取り出した。ちり紙の中身が覚せい剤であることが判明したため現行犯逮捕したが,違法な証拠収集活動によって得られた証拠には証拠能力が認められないのではないか,と争われた事案。

判旨(最高裁昭和53年年判決)

 憲法35条,31条等の保障に照らすと証拠物の押収等の手続に,憲法35条及びこれを受けた刑訴法218条1項等の所期する令状主義の精神を没却するような重大な違法があり,これを証拠として許容することが,将来における違法捜査抑止の見地からして相当でないと認められる場合においては,その証拠能力は否定されるものと解すべきである。

コメント

 前提として,本件の取り出し行為は捜索に当たり所持品検査の許容限度を超えているため,これに引き続いて行われた逮捕や差押え手続は違法です。違法収集証拠排除法則については刑訴法上明文の規定がないため,その判断基準が問題となりますが,本判決は違法集証拠排除法則の要件として,①違法の重大性と②排除相当性が認められる場合には証拠能力が否定されると判示しました。①に関しては,手続違反の程度や令状主義潜脱の意図等が考慮され,②に関しては違法の重大性を前提として事件の重大性や証拠の重要性等を考慮して決せられることになります。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail