刑事判例紹介(95)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(95)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(95)

事案

 被告人宅の寝室にまで承諾なく立ち入り,任意同行に際し明確な承諾を得ず,退去の申出に応じることなく警察署に留め置き,尿の任意提出を求めた事案。

判旨(最高裁昭和61年年判決)

 被告人宅への立ち入り,同所からの任意同行及び警察署への留め置きの一連の手続と採尿手続は,被告人に対する覚せい剤事犯の捜査という同一目的に向けられたものであるうえ,採尿手続は右一連の手続によりもたらされた状態を直接利用してなされていることにかんがみると,右採尿手続の適法違法については,採尿手続前の右一連の手続きにおける違法の有無,程度をも十分考慮してこれを判断するのが相当である。

コメント

 本件の任意同行は任意捜査の域を超えていて違法であり,それに引き続いた採尿手続も違法を帯びますが,証拠能力は否定されないとしました。判旨では,違法性の承継論の基準として「同一目的」「直接利用」を掲げていますが,この基準は,先行手続と後行手続との関連性を判断するためのメルクマールの一つであり,絶対的な基準ではないといえます。後行手続の違法性の判断は,先行手続における違法性の内容および程度,その違法な点が証拠収集手続とどの程度の密接度を有するか,などの総合判断によります。そして,後行手続が違法性を帯びるときは,後行手続の違法の重大性と排除の相当性を検討し,証拠能力の有無を判断します(違法収集証拠排除法則)。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

受け子でも実刑になりますか。

受け子でも実刑になりますか。  なりえます。  最近は,特殊詐欺の犯人については,組織の末端の者に対しても世間の処罰感情は厳しく,検察庁,裁判所と ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail