刑事判例紹介(96)|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事判例紹介(96)

刑事弁護コラム

刑事判例紹介(96)

事案

 警察官は逮捕状を携行せずにAを窃盗の被疑事実で逮捕したが,捜査報告書には,本件逮捕状を提示して逮捕した旨の記載がなされていた。任意提出された尿から覚せい剤成分が検出されたため,A方を捜索場所とする捜索差押許可状が発付され,本件覚せい剤が差し押さえられた。逮捕手続の違法が証拠能力に影響するかが争われた事案。

判旨(最高裁平成15年判決)

 本件逮捕手続きの違法の程度は,令状主義の精神を潜脱し,没却するような重大なものであると評価されてもやむを得ないものといわざるを得ない。そして,このような違法な逮捕に密接に関連する証拠を許容することは,将来における違法捜査抑止の見地からも相当でないと認められるから,その証拠能力を否定すべきである。

コメント

 本判決は,問題となっている証拠が先行する違法な手続きと関連するかを判断し,関連するとして密接な関連性が認められる場合には重大な違法があり,証拠排除すべきであるとしています。もっとも,本判決後の最高裁では,「密接関連性」という表現を用いていないものもあり,どの程度の意味があるかは不明です。結局は個別事案における違法の重大性と排除の相当性との比較衡量が求められるといえます。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail