刑訴一部改訂解説(6) – 自白事件の簡易迅速な処理のための措置|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

刑訴一部改訂解説(6) – 自白事件の簡易迅速な処理のための措置

刑事弁護コラム

刑訴一部改訂解説(6) – 自白事件の簡易迅速な処理のための措置

概要及び解説

 今回の刑事訴訟法の改正によって,自白事件の簡易迅速な処理のための措置がとられました。
 刑事事件における裁判手続に,即決裁判手続というものがあります。
 これは,検察官が事案は軽微なものか,被疑者は自白しているのか否認しているのかなどを総合的に考えて,通常よりも簡略化した手続きで判決を求めることが適切であると判断した場合に,それを裁判所に申立てる手続のことをいいます。
 即決裁判手続が採られた事件は,懲役・禁錮を科す場合には必ず執行猶予が付されたり,短期間で判決が出されることから,被告人の負担が少なくなるというメリットがある制度です。
 従前は,検察官の公訴取消等により,即決裁判手続の決定が取り消された場合に,もう一度起訴して,刑事手続に乗せるためには,新たに重要な証拠が発見されることが必要になるとされてきました(刑訴法第340条)。一方,検察官が不起訴処分にした後にもう一度起訴する場合(再起訴),そのような重要証拠の発見という厳格な要件は特にありません。即決裁判手続の決定取消は,不起訴処分とは訴訟行為の性質が異なりますが,正式裁判手続ほど正式性の強いものではないことから上記要件を外し,再起訴を容易にしたのが,今回の改正となります。もっとも,一事不再理の適用はないにせよ,再起訴は被告人の立場を不安定なものとさせるので,慎重な運用が必要でしょう。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル(法人社員) 岩崎 哲也

 弁護士岩崎哲也は,東京都立国立高校,北海道大学法学部を卒業後,第41期司法修習を修了し,検事に任官しました。東京地検新任検事を振り出しに旭川地検,長 ...

法人アソシエイト 漆原 俊貴

 弁護士漆原俊貴は,北海道大学法学部を3年次飛び級のため中退後,北海道大学法科大学院を修了しました。その後,司法試験に合格し,第71期司法修習を経て, ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する法律相談Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。

東京事務所では関東エリア
大阪事務所では関西エリア
名古屋事務所では東海エリア
をカバーしています。