刑訴一部改訂解説(7) – 裁量保釈の判断に当たっての考慮事項の明確化|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑訴一部改訂解説(7) – 裁量保釈の判断に当たっての考慮事項の明確化

刑事弁護コラム

刑訴一部改訂解説(7) – 裁量保釈の判断に当たっての考慮事項の明確化

概要及び解説

 刑事訴訟法の改正により,裁量保釈の判断に当たっての考慮事項が条文化されることになりました。裁量保釈とは,裁判所が適当と認めるときに職権で保釈を許すことができるというものです。つまり,保釈請求がないような場合であっても,裁判所が良しとすれば,被告人の拘禁状態を解くことができる制度です。
 刑事訴訟法89条に保釈を許さない事由が列挙されている必要的保釈と比べ,従来の裁量保釈は,同法90条に「裁判所は適当と認めるときは,職権で保釈を許すことができる。」とあるのみでいかなる場合に認められるのか条文上明らかではありませんでした。
 そこで改正により,「保釈された場合に被告人が逃亡し又は罪証を隠滅するおそれの程度のほか,身体の拘束の継続により被告人が受ける健康上,経済上,社会生活上又は防御の準備上の不利益の程度その他の事情を考慮し」の文言が追加され,裁量保釈に当たっての考慮事項が明文化されることになりました。もともと,実務的には,事件の軽重,事案の性質・内容,犯情,被告人の性格,経歴,行状,前科・前歴,家族関係,健康状態,審理の状況,勾留期間,身元引受人の存在や関係,被告人の職業などの諸事情を考慮し,保釈の必要性や相当性を判断していました。
 したがって,改正による実質的な変更があるというわけではなく,単に今までも考慮してきた事項を明確化にしたにすぎません。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績