刑訴一部改訂解説(8)証拠開示制度の拡充|刑事事件に強い弁護士|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑訴一部改訂解説(8)証拠開示制度の拡充|刑事事件に強い弁護士

刑事弁護コラム

刑訴一部改訂解説(8)証拠開示制度の拡充|刑事事件に強い弁護士

概要及び解説

 証拠開示制度とは,当事者主義の理解の下,当事者の請求に基づきお互いの証拠の開示を可能とする仕組みです。従来の制度の下では,検察官の手持ち証拠が被告人側に開示されたとしても,証拠の全体像が分からないため,結局,証拠の位置づけや重要性が不明であるといった問題点がありました。そこで,証拠開示の適正な運用に資するよう,被告人側からの請求があるときは,検察官が保管する証拠の一覧表の交付が義務付けられることとなりました。
 また,改正によって検察官,被告人及び弁護人に公判前整理手続等の請求権を付与することとされました。改正前の法律においては,裁判所が検察官及び被告人又は弁護人の意見を聴いて,事件を公判前整理手続に付するかどうかを判断することとされていました(刑事訴訟法第316条の2第1項)。改正前は,弁護人が公判前整理手続に付すべき旨の申立てをしても,あくまでも意見にとどまり,裁判所が同手続に付さないこともありましたが,改正によって当事者にも権利として請求権を認めた点に意義があります。
 さらに,検察官が請求した証拠物に関わる押収手続記録書面等も開示対象として追加することになりました。証拠開示の対象範囲を拡大することが目的です。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

アソシエイト 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

法人シニアアソシエイト 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

アソシエイト 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

盗撮ハンターとはなんですか。

盗撮ハンターとはなんですか。  盗撮ハンターとは,盗撮行為をしている人を狙い,真実でないのに「被害女性の夫(彼氏,知り合い)である」等の虚偽や「警察 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

国選弁護人と私選弁護人の違いとは

国選弁護人と私選弁護人の違いとは  国選弁護人も私選弁護人も,いずれも弁護人として,被疑者・被告人を擁護する存在であり,その職務や権限に違いはありま ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel