最新判例 平成26年7月4日 – 心神耗弱者の過剰懲役刑についての非常上告|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

最新判例 平成26年7月4日 – 心神耗弱者の過剰懲役刑についての非常上告

刑事弁護コラム

最新判例 平成26年7月4日 – 心神耗弱者の過剰懲役刑についての非常上告

事案

 被告人に対する福岡県迷惑行為防止条例違反被告事件について,犯行当時中等度精神遅滞及び飲酒酩酊のため心神耗弱の状態にあったものであると,認定した。そして,累犯前科の事実も認定した上で,被告人の所為につき,福岡県迷惑行為防止条例の所定刑のうち,懲役刑を選択し,「被告人を懲役1年2か月に処する。」との判決を言い渡した。
 この確定判決につき,検事総長から非常上告の申立てをされた事案。

判旨(最判 平成26年7月4日)

 …原判決認定の罪は心神耗弱者の行為であるから,刑法39条2項,68条3号を適用して必要的減軽をすべきところ,本件条例12条1項,11条1項,6条1号によれば,原判決認定の罪の法定刑は,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金であり,懲役刑を選択し,累犯加重をした上で,刑法39条2項,68条3号により法律上の減軽をすると,その処断刑の長期は懲役1年となる。そうすると,これを超過して被告人を懲役1年2月に処した原判決は,法令に違反し,かつ,被告人のため不利益であることが明らかである。

コメント

 非常上告とは,判決が確定した後にその事件の審判に法令違反があることを理由として認められる非常救済手続です(刑事訴訟法454条)。
 そして,心神耗弱状態とは,責任能力が著しく低下した状態をいいます。そして,心神耗弱状態と認められると,刑が必ず減刑されます(必要的減刑)。
 本事案では,条文を適用すると,長期の懲役は1年が限度であるにもかかわらず,それを超えていたため,非常上告をし,最高裁によって法令の適用に誤りがあると認められました。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「出し子」とはなんですか。

「出し子」とはなんですか。  被害者からだまし取ったキャッシュカードを使って,お金を引き出す役割のことです。特殊詐欺は,複数の役割から構成されていま ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail