最新判例 平成27年10月16日|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

最新判例 平成27年10月16日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年10月16日

事案

 被告人が傷害罪に問われた事案。被告人は略式手続の規定が憲法に違反すると主張して上告した

判旨(最決 平成27年10月16日)

 「刑訴法461条以下の略式手続の規定違憲をいう点は,略式手続は正式裁判請求後の訴訟手続を何ら左右するものでないから,所論指摘の原判決の判示部分は余論であって,結局,所論は,その結論に影響のない事項に関して違憲をいうものである。」

コメント

 刑事訴訟において上告するには,刑訴法405条各号に定める上告理由が必要です。同条1号には「憲法の違反があること」とされています。被告人が主張したのは略式手続の憲法違反ですが,これは正式裁判請求後の訴訟手続とは独立しているため,正式裁判請求後の訴訟手続の憲法違反を導くことはできません。この決定から,上告理由として主張できる憲法違反は結論を左右し得るものに限られることが分かります。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail