最新判例 平成27年10月16日|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

最新判例 平成27年10月16日

刑事弁護コラム

最新判例 平成27年10月16日

事案

 被告人が傷害罪に問われた事案。被告人は略式手続の規定が憲法に違反すると主張して上告した

判旨(最決 平成27年10月16日)

 「刑訴法461条以下の略式手続の規定違憲をいう点は,略式手続は正式裁判請求後の訴訟手続を何ら左右するものでないから,所論指摘の原判決の判示部分は余論であって,結局,所論は,その結論に影響のない事項に関して違憲をいうものである。」

コメント

 刑事訴訟において上告するには,刑訴法405条各号に定める上告理由が必要です。同条1号には「憲法の違反があること」とされています。被告人が主張したのは略式手続の憲法違反ですが,これは正式裁判請求後の訴訟手続とは独立しているため,正式裁判請求後の訴訟手続の憲法違反を導くことはできません。この決定から,上告理由として主張できる憲法違反は結論を左右し得るものに限られることが分かります。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績